前へ
次へ

それぞれの葬儀マナーのあり方

人それぞれ個性が有り、感じ方も様々で数限りなく沢山の形が有る様に思います。そうした生き方の中に、その方毎の決め事が有って、それに則した形で日常を送って居ると考えます。そうした日常のいつ起こるか予測する事は出来ない人生の終止符には、それぞれの方の個性に同調すると言った事が肝要では無いかと思います。葬儀マナーについても、同様にそうすべきで有ると考えます。お亡くなりになられた方に対しての、気持ちの寄り添い方。生き方に対しての同調をして、思いを巡らせる事こそが、最良の敬意で有る。その様に感じて居ります。分け隔て無く、同じ目線で尊敬の思いを巡らせる事が出来れば、きっと伝わると信じて止みません。それらの事柄自体も、一人一人違う考え方、感じ方で有ると思いますので、その違いに合わせて、お互いに同調出来るのが一番良いと考えます。そう言った事を踏まえて、葬儀マナーについて、考える時間を作る事も大事だと思って居ます。

Page Top