前へ
次へ

お通夜での葬儀マナーをチェック

近頃は、死の当日を「仮通夜」と呼び、葬儀や告別式の前日を「本通夜」と呼びます。仮通夜はごく身近な家族だけで執り行われるため、弔問客として参列する場合は、本通夜になります。仮通夜は、まだ死を受け入れられないご遺族が故人の側で過ごす大切な時間なので、無理に押しかけないように注意してください。地域によって、お通夜の形式は異なります。その土地の葬儀マナーに合わせて行動するように心がけましょう。お通夜では、「通夜ぶるまい」といって、精進料理やお酒が振る舞われます。これは遠くから駆けつけてくれた弔問客への労いと、故人への弔いが込められたもので、地域によってはお菓子や食事券など、料理以外のものが提供されることもあります。最近は葬儀や告別式よりも、お通夜の方が弔問客が多い傾向にあります。通夜ぶるまいをいただきながら、久しぶりに会う知人と盛り上がってしまうことも珍しくありませんが、翌日に葬儀や告別式を控えているご遺族の気持ちを考えましょう。葬儀マナーとしては、通夜ぶるまいを進められた際には、自分で区切りをつけて速やかに帰宅することが大切です。

Page Top