前へ
次へ

葬儀マナーの基本 服装について

葬儀マナーの基本として重要な、服装がどんなものがいいのか。男性であれば、一般的に黒いスーツに白のワイシャツ、ネクタイや靴下も黒を着用します。目立つようなアクセサリーは避け、ネクタイピンは付けないほうが良く、腕時計も派手なものは避けましょう。靴やバックなどは光沢のある物は控えたほうが良いです。女性は黒のスーツ、もしくは黒のワンピースを着用します。肌の露出は極力避け、スカートは膝下くらいにして、黒のストッキングを履きます。化粧もなるべく控えめにして、派手なアクセサリーや腕時計は付けないようにします。結婚指輪は付けたままでも構いません。バックや靴は男性同様、光沢のあるものは控えましょう。子供の服装については、子供用の喪服もありますが、学校の制服があれば制服が礼服となります。色や柄は気にする必要はありません。乳児に関しては、派手過ぎなければいいです。葬儀マナーは、遺族・喪主へマナーであり、遺族・喪主から、お集まりくださった方々へのマナーにもなりますので、最低限の基礎知識として覚えておきましょう。

Page Top